フリーメール利用は当たり前

個人情報がインターネット上でどれだけ守られていると思っているでしょうか。個人情報保護法などが世間を騒がせています。実際ネットでもきぴしく言われていることでもあるわけです。目的以外の利用が出来ないということになっているので、業者は入手した情報で以前のようにDMを送ったりといった利用を好き勝手には出来なくなったわけです。せっかく顧客になったと思っても簡単にはいかないということです。もちろん業者側も考えています。メールマガジンの登録をしてもらう事でそのあたりを補うようにはしているみたいです。

さて、そこまで個人情報が守られているのならば、ネット上は安心でしょうか。はきり言えばまったくそんな事はないわけです。守っている業者は、おそらく規制がなかったとしても、情報を悪用することのない業者です。しかし、悪徳業者というものは、規制があってもなくても同様に情報を悪用するわけです。そして、そのことをさ止めるすべは今のところないといえます。そこで、自分で守らなくてはいけないということになります。

たとえば、危険な悪徳業者が多く潜んでいるといわれている出会い系サイトですが、利用に際しては自分自身が普段使っているメールアドレスを使わないということで守らなくてはいけません。ようするにフリーメールのアドレスを利用するのです。このことはもはや常識になっていることでもありますが、知らない人もいると思います。フリーメールを使えば、もしものときでもそのアドレスを捨ててしまいさえすれば、危険を回避できるのです。

いつも使っているアドレスは簡単には捨てることは出来ないでしょうから、はじめから捨てても良いものを準備するというのが、サクラがいない出会い系サイトを利用する上での基本なのです。なかにはフリーメールが利用できないというサイトもあります。その場合はとってもセキュリティが行き届いている安全な優良サイトか100%悪意のある悪徳業者のサイトかのどちらかです。確実に信用できるサイトでなければ利用は控えたほうが良いでしょう。ネット上では自分の身は自分で守るということが必要です。その第一歩として、フリーメールの使用は必須だと考えましょう。

間違って個人情報を伝えてしまい相手に小額訴訟

覚えのない請求に対しては無視をしていれば良いということが知れ渡っていると思います。出会い系サイトで悪質サイトにつかまってしまって架空請求されたような場合は、どんなに恐ろしいメールが来たとしても、請求に答えることなどしなければ、相手はいつの間にかあきらめてしまうわけです。アドレスはできれは捨ててしまうほうが後々のためにも良いでしょうね。フリーメールのアドレスではない場合は、そのアドレスという個人情報は確実に流出してしまっているわけですから、どんなトラブルが襲ってこないとも限りません。

面倒なこともあるでしょうが、安心して生活するためには、きっぱりと悪質サイトとの縁を切れるようにアドレスを廃棄する事をおすすめします。奪われた情報がアドレスだけであれば、注意することで実害を防ぐことが出来ます。しかし、住所や電話番号といった個人情報が知られてしまった場合、ちょっと厄介なことになる場合があるのです。同じ架空請求でも無視してはいけないものがあるということは聞いたことがあるでしようか。それは少額訴訟というもので、簡易裁判所から書類が送られてきた場合に注意しなくてはいけないのです。

少額訴訟の場合は無視して出頭しなければ、その請求が架空請求であっても認められてしまうのです。そして、支払義務が生じるわけです。ですから、ちゃんと出頭して対処しなくてはいけないわけです。もし、簡易裁判所から書類が届いた場合は、それが100%架空請求であったとしても、無視するようなことはしてはいけません。裁判所に行くのがちょっと不安だと思った場合は、消費者センターなどに相談すると良いでしょう。決して無視だけはしないことです。個人情報の中でも、住所と氏名を奪われてしまうとこんな危険があるかもしれないのです。納得いかない部分もあるでしょうが、正しい対処方法をとるようにしてください。それを怠ってしまうと、支払う必要のないお金を支払わなくてはいけなくなってしまうわけです。